おすすめ!ダイレクトメール

ダイレクトメールの情報サイト

このサイトでは様々なダイレクトメールに関する情報をご紹介しています。
小ロットの場合でも発送代行してもらえるのかという疑問から、ハガキのDMデザインやレイアウトの考え方、そしてDMデザインのコツまで役立つ情報を掲載しているサイトです。
さらにビジネス向けのDMに使える例文、そして新製品をPRする場合に使える例文なども紹介しています。
これからDMの製作をするという場合には、是非目を通して参考にしてみてください。

小ロットのダイレクトメールは発送代行してもらえる?

小ロットのダイレクトメールは発送代行してもらえる? ダイレクトメールの発送代行を利用したくても、100部以下の小ロットであるため対応しているのか分からないという人は多いのではないでしょうか。一般的に発送の代行というと、全国に発送するような大規模なダイレクトメールでなくては対応していないというイメージを持たれることが多いからです。しかし実際のところはすべての代行会社が、そういった大規模なダイレクトメールの発送のみをおこなっているというわけではありません。なかには100部に満たない程度の小ロットであっても、発送代行を請け負っている会社もあります。もちろんそのような会社でも封入から発送までをおこなっているので、用途に応じて相談してみると良いでしょう。

ダイレクトメールを印刷や発送代行してくれる業者を使うメリット

ダイレクトメールを印刷や発送代行してくれる業者を使うメリット 企業は少しでも多くの人に自社のサービスや商品を知ってもらうために宣伝活動を行っていて、大企業になるほど巨額の費用を計上しています。この宣伝活動は以前であればマスメディアを活用したコマーシャルが主流でしたが、昨今のテレビ視聴率の低下やコマーシャルの場合は実際にどこまで意識して見ているのかわからないという点から、企業も利用度を変化しているのは間違いありません。 このような状況から、広告や宣伝で注目されているのがダイレクトメールです。ダイレクトメールとは一般的にはハガキや封書を用いて宣伝内容を印刷した書面を特定の顧客に送付するものであり、手間がかかる上に顧客の住所を知っていなければ使えないので、瞬時に大量の人に広告を行うという意味では使えませんでした。しかし、最初から少なからず広告内容に興味を持っている相手に対して宣伝を行うので、その効果が期待できるというメリットがあります。 問題になるのは書面を作成したり発送するための労力であり、以前であれば企業の関係者が手作業で行っていましたが、今では全ての業務を発送代行業者に委託できるようになり、コスト面でも利用する意義があります。発送代行業者を利用する場合は一定量がなければ割高になるケースもありますが、継続的に多くの顧客に対してダイレクトメールを発送している企業であれば、自社で行うよりもコスト削減の効果が高くなっているでしょう。

発送代行を使ってみよう

ダイレクトメールの発送代行を依頼

新着情報

◎2021/4/14

ビジネス向け例文
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました