おすすめ!ダイレクトメール

ダイレクトメールの情報サイト

ハガキのダイレクトメールのデザイン・レイアウトの考え方

ハガキのダイレクトメールのデザイン・レイアウトの考え方 企業やお店が顧客に対してダイレクトメールを送るには、ハガキサイズを選ぶことも多々あります。A4サイズなどの大きな用紙ではなく、ハガキの場合は限られた面積で上手くデザインを作り出すことが求められるので、文字やイラスト、写真など載せたい素材においてはレイアウトを十分に考慮することが必要です。ダイレクトメールなので会社名を含む会社情報を記載することは必須ですが、送付先の方々の目に留まるようなキャッチフレーズを用いると意外と簡単にデザインやレイアウトを決めやすくなります。事例の中には限定セールや各種キャンペーン、割引クーポンなどお得さの情報となるフレーズを最も見やすい位置にレイアウトすると、最後まで読んでもらえる可能性が高まると同時に、実際に売り上げアップに成功した会社も多数あります。文字だけを羅列しても魅力を感じることはできないので、自社商品の写真の他、独自に作成したキャラクター、フリー素材で使える画像や写真などを使う方法も効果的ではないでしょうか。もしもレイアウトに困ってしまった際には、ダイレクトメールを製作する専門会社のホームページにも、多彩なテンプレートを表示しているサイトがあるので、お手本にする方法やそのまま専門会社に製作依頼をすることで最適化できるのではないでしょうか。

ダイレクトメールの封筒のデザインに気を配る

ダイレクトメールの封筒のデザインに気を配る ダイレクトメールの封筒のデザインに気を配ることを忘れてはいけません。多くのダイレクトメールが送られています。あなたが送ろうと思った人へも送られていることは確かで、平凡な封筒だったら目を惹くことはできません。せっかく送付しても開かれることなく処分されてしまう可能性さえあるでしょう。目立つことを狙うからと言って奇抜なものは避けなければなりません。普通の形のものが無難です。ただ色にはこだわるべきで白よりも、青や緑の方が良い印象を与えます。ピンクのような派手な色は避けるべきです。自分が伝えたいことを目立たせるデザインが必要になります。例えばセールの告知だったら、それをスムーズに伝えなければなりません。大きな文字を使ってそのことを確実に伝えるようにしましょう。謳い文句を魅力的にする必要もあります。親しげな言葉を使って、特典を利用できることを知らせるようにすれば訴える力が強まります。例えば期間限定の特典といった表現を使いましょう。

新着情報

◎2021/4/14

ビジネス向け例文
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました